avanzaバスのチケット予約の仕方、マドリッドからサラマンカへ

公開日: 2017年10月17日
最終更新日: 2017年10月18日

マドリッドからサラマンカに行く手段として、大きく2つになります。

鉄道会社renfeが運営する高速列車ALVIAに乗るか、Avanza社が運営する長距離バスに乗るのが一般的かと思います。

出発場所、時間帯によって選択肢が変わるかとは思いますが、僕の周りではAvanzaバスで移動している人が圧倒的に多いです。

安く、早く移動する方法としては、高速列車に乗るのが一番なのですが、アクセスの悪さから長距離バスAvanzaの使用をお勧めします。

Salamancaまで高速列車ALVIAで行くかAvanzaバスで行くか

バラハス空港付近から出発する場合、

行き方出発場所所要時間(片道)金額(往復)
Avanzaバス(Expressのみ)バラハス空港ターミナル12時間30分23.45(行き)+16.75(帰り)2.60(手数料)€
計 42.8€

バラハス空港から直接サラマンカ行きのバスが出ているため、この付近から行く場合ここで乗って行くのがおすすめです。Avanzaバスには、ノーマルとエクスプレスの2つがあり、エクスプレスはテレビやWifiが搭載されています。

バラハス空港からは、このエクスプレスしかないため、こちらを購入します。

 

マドリッド市内から出発する場合、

行き方出発場所所要時間(片道)金額 (往復)
Avanzaバス(Normal)
※Expressも選択可
マドリッド(Mendez Alvaro)2時間45分14.05(行き)+11.25(帰り)+2.6(手数料)€
計 27.9€
高速列車ALVIAマドリッド(Chamartin)1時間36分19.3(行き)+19.3(帰り)€
計 28.6€

主にこの二つを選ぶことになると思います。見ていただくとわかるのですが、高速列車が比較的安い上に、一番早くサラマンカに到着することになるのですが、正直こちらはあまりおすすめしません

その問題点はふたつ、出発駅がマドリッド中心部から北に徒歩で1時間以上離れた駅であること。列車の運行本数が一日に4本しかないこと。

マドリッド中心部のSol駅からメトロ(地下鉄)を使っても30分以上かかります。

逆に、この付近からサラマンカに行く場合は、高速列車を使うのが一番賢いと思います。

今回は、バラハス空港付近のホテルに滞在していたため、Avanzaバスでバラハス空港からサラマンカに行くことにしました。

※記事投稿日現在の情報になります。詳しい停車駅などは再度調べてください。

Avanzaバスのチケットの予約方法

Avanzaバスのチケットは、バス停次第ではバスターミナルでチケットの当日購入ができますが、バラハス空港には購入する場所がないため、インターネットでの事前予約が必要になります。

 

まずは、Avanzaの公式予約サイトにアクセスします。

スペインの公式サイトは、基本的に不具合が多いです。(先進国のくせに非常に使い勝手が悪いサイトが多いです。)リロードに時間がかかったりしますが、焦らずに進んで行きましょう。

右上のEnglish を選択すると、英語での案内になりますが、部分部分でスペイン語になっていたりします。

左側の選択欄を埋めて行くことで、チケットの予約ができます。

往復チケットの方が割引がきき、事務手数料も一回分ですみますので、帰りの日程がわかっている場合は往復チケットの購入でいいでしょう。

バラハス空港から乗る場合は、出発先(Origen)をMadrid Aeropuertoにするのを忘れないように。Madridのみになると違うバスターミナルに行く必要があります。

入力が完了後、「Buscar」を押すと次に進みます。

次は出発時間の選択に入るのですが、検索にかなり時間がかかります。しばらく、この画面を眺めながら待ちましょう。決してエラーではないので、大丈夫です。

バスのチケットの選択画面はこのような感じになります。「Ver descuentos」を押すとプルダウンでチケットの割引料金も出てきますが、家族割や4人以上の人数割になるので、基本的に一番上のチケット価格になります。

自分の時間の都合に合わせた時間のチケットを購入しましょう。

往復チケット購入の際に、「Ver descuentos」を押すと、まれに帰りのバスのチケットのリストボタンを押せなくなる場合がありますので、もう一度リロードしてください。リストボタンを押せなくなると、次に進めなくなってしまいます。笑

こういった不具合にはよく出会いますので、あまり気にしない方がいいのかもしれません。

僕は、はじめ帰りのバスは全部売り切れているのかと思い、めちゃくちゃ焦りました。

行きのバスと帰りのバスの時間を選択し、次の画面に進むとユーザー情報の入力になります。

一番上はAvanzaに登録している会員専用になりますので、日本人が使うことはないでしょう。

書いてある通りに入力して行くと大丈夫ですが、最後のプライバシポリシーに同意のチェック項目を忘れているとエラーになります。

電話番号とメールアドレスのところにあるチェックボックスはチェックする必要がありません。Avanzaのニュースレターを購読(無料)したい人はチェックしてもいいけど。

全部入力を終えたら「Continuar」をクリック、座席の指定になります。

赤色が他の人が予約した座席、緑色が選べる座席、白色が今選んでいる座席になります。

最初の時点で、座席が選択されていますが、空いている席であれば自由に変更できるので、自分の好みの座席番号をクリックしましょう。

早い者勝ちで席が埋まって行くので、早い方が自由に選べます。

座席を指定したら、次は決済にうつります。支払い方法は、VisaかPaypalのふたつが選べます。

決済画面はいたってシンプルですので、割愛します。

決済が終了すると、次のような画面になります。

こちらはチケットの紛失時などで情報の照会に必要となりますので、写真またはスクリーンショットを取っておきましょう。

この画面はチケットではありません。次のページがチケットになりますので注意!!

この画面をバス乗車時の受付に見せても違うと言われました。初めてのとき、閉じるボタンだと思って右上のタブのバツボタンを押してしまったのです。笑

最後に、「Mostrar Billete」を押すとチケット画面が表示されます。

乗車前に、チケット画面に表示されているユーザー番号と名前、出発時間などを確認されるのですが、印刷でもスクリーンショットでも大丈夫です。

僕は、チケットの画面をpdfでスマホに入れ、乗車前にそれを見せました。

チケットの購入完了後に、Avanzaからメールでチケット番号が送られてくるときと、来ないときがあります。もしかしたら、予約時の携帯番号の下のニュースレターを購読にチェックを入れていたらくるのかもしれません。よくわからないです。スペインだから適当なのかなーと思ったり。

バラハス空港のAvanzaバスターミナルを探せ

チケットの予約も無事完了し、あとは遅刻することなくAvanzaバスに乗車することができれば、なんとかサラマンカには到着することができます。

ここからは、バラハス空港にあるAvanzaバスのターミナル(Madrid-Aeropurtoターミナル)までの行き方になります。本当は写真があるともっとわかりやすいのに、全く写真を取っていません。やってしまった。

まずは、バラハス空港のターミナル1に行きます。空港内では各ターミナルから無料バスが出ていますので、ターミナル4の場合は、バスに乗りましょう。それ以外のターミナルでしたら歩いていけます。天井の標識を頼りにターミナル1へ。

メトロ(地下鉄)からくる場合は、停車駅がAeropurto T1,T2,T3駅と、Barajas駅を挟んでAeropurto T4駅がありますが、Aeropurto T1,T2,T3駅で降りてください。

とりあれず、まずはターミナル1の真ん中の一番大きなドアを見つけてください。そこから外に出るとわかりやすいと思います。ちなみに、2階からも外にでれますが、1階から出てください。

ターミナル1を外に出ると、目の前に道路がありますので、道路向きに左側に進んで行くと、右手に大きなバス停(色々なバスが停まっている)が見えます。

そのバス停にAvanzaと書かれたバスがありますので、フロントの行き先を確認しましょう。

自分の乗るバスだったら、まずは自分でスーツケースなどをバスの下に放り込みます。

その後、バスの運転手に印刷または、スクショでとったチケットを見せると乗車することができます。

広大な自然を眺めながらサラマンカへ

バラハス空港からのバスはエクスプレスバスでしょうから、テレビを見るもよし、Wifiに繋いでスマホをいじるもよし、外の景色を眺めるもよし、眠るもよし。終着点がサラマンカですので、ゆっくりしてください。

このような風景が続きます。普段見ない光景なので、結構見てて楽しかったです。

サラマンカに到着してからお世話になる研究室の教授のひとりがお迎えに来てくれていました。とりあえず研究室に挨拶に連れて行ってもらいました。

今日はここまで。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ